発表スライド紹介

気づけば1月も末となりました。25日に行われた勉強会の報告は近くアップします。 今回は予告通り、宮本宙也さんが発表に使用したスライドを公開します。 発表題は「『折り鶴の少女』についての学習」です。千羽鶴の逸話で知られる佐々木禎子さんが、いかに知られるようになったかについて、まとめたものとなっています。 発表は通常、こうしたスライドなどを使って行われることが多いです。「研究ノート vol.1」に掲載 […]

これまでの発表要旨紹介(2)

前回に続いてこれまでの報告要旨を紹介していきます。 今回は4名。前回は数理的な創作理論と折り図の発表紹介でした。今回はそれとは別の種類ということで、まずは発表の中でも最も多い、個人の創作事例を扱ったものを一気に3つ紹介します。 原 司 「折り紙という作意(フィクション)に潜む/宿る”概念”」 「見立て」とは折り紙において変形させた紙の中から見出だす/される、印象さらにいえば […]

これまでの発表要旨紹介(1)

YOCSです。東京の例会に参加された方はお疲れ様でした。 前回予告していた通り、今日はこれまで勉強会で報告された個人発表の要旨をご紹介したいと思います。今日は3名。「投稿論文」の応募を前に、我々が普段どんなノリでやっているのか知るヒントとなれば幸いです。   まずは第6回で発表された大内さんの要旨から 大内康治 「折り紙創作の困難さ」 近年、折り紙創作はいくらか一般にも認知され、創作を始 […]

「研究ノート投稿論文」についての訂正と、今後について

勉強会報告が先になってしまいましたが、皆さま改めまして新年明けましておめでとうございます。 今年もYOCSは精力的に活動を続けていけるよう頑張っていきます。よろしくお願いします。   さて、先日お知らせした「研究ノートvol.2」の投稿論文募集ですが、一点訂正があります。  著作権について「文章の著作権は著者に帰属します。ただし掲載されたものとまったく同じ文章・図表を他の媒体に掲載・公開 […]

第15回若手創作家勉強会 活動報告

日時 2014年12月21日(日) 14:30-19:00 会場 JOASホール 参加者 4名 あけましておめでとうございます。 年末の忙しいさなかではありましたが、今月も勉強会を行いました。 今月はオーストラリア在住の萩原元さんが“夏”休みの帰省中ということで、去年に引き続き参加してくれました。 個人発表 「Melbourne Origami Group 及び Origa […]