第17回若手創作家勉強会 活動報告

日時 2015年2月22日(日) 14:00-19:30
会場 JOASホール
参加者 9名

 


14:00-15:00

個人発表1 「展開図加群」

発表者:高村 侑樹

【要旨】

前回は距離空間に関する内容でしたが、距離空間ばかりが現代数学のフィールドというわけではありません。今回は現代数学のフィールドの1つとして「加群」を取り上げ、展開図の集合を加群として見た場合の種々の問題について発表します。

 

発表の様子
発表の様子

  


15:10-16:20

個人発表2 「恐竜を折り紙でデザインする。」

発表者:井上 俊介

【要旨】

 大それたタイトルですが、
要はある作品の制作過程をより詳しく解説したものにする予定です。
熟練者向けの発表ではなく、主に創作初心者を対象とした、
分かり易い発表に出来れば良いと思っています。

ちなみに新作発表も兼ねていますので、どうぞ期待しすぎない程度に、
ご期待(?)ください

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 


16:30-17:00

特別報告「桑名取材報告」

発表者:堀口 直人

2/10に三重県桑名市立博物館の「新春企画展 初春の夢」に展示されていた、「素雲鶴(そうんかく)」を見学取材してきたので、その内容を簡単に報告しました。


17:00-19:00

 企画「シンプル作品創作練習」

シンプル作品創作の練習として、以下のルールで実施しました。

・魚の基本形から始める

・10回だけ折るのを目標とする

・制限時間は1時間

以下に参加者の成果を紹介します

 

 

<

p style=”text-align: left;”>次回の勉強会は3下旬に行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です