ショベルカー競作事例報告 2

若手創作家勉強会です。1月の勉強会報告は後ほど行います。

創作競作の事例報告第2段です、今回は、松田景吾さんのショベルカーの事例を紹介します。

この作品は 2月の東京友の会例会 にて講習された作品です。

即興的な作品ながら、今回の参加作の中でも、どの方法で折るか迷走している創作例だと思われます。

また、勉強会で行われた本企画に関する討論で、松田さんは「創作時の目標を○☓形式で記載する」という方法を発案しました。

彼はそのような資料のフォーマットと、ショベルカーを題材とした場合の項目例を討論中に作成してくれました。それがこちらになります。

また、自作のショベルカーについての回答例が以下のようになります。

創作過程の資料を併せてご確認いただくと、より理解が深まるかと思います。項目は、各自が自由に追加してもらって構いません。

「目標設定シート」を参加者全員に回答してもらい、目標の立て方を比較することで、多くに共通する発想や、各自の個性の違いが見やすくなるのではないかと私たちは考えています。

【お知らせ】

第二回の創作競作を行います!

お題については近く発表します。今回は提出資料の一つとして、上述の「目標設定シート」を記入してもらう予定です。

多くの創作家の方の参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です