第21回(再開第1回)若手創作家勉強会 活動報告

日時 2016年9月25日(日) 14:00-18:00
会場 JOASホール
参加者 6名

ご無沙汰しております。久しぶりの勉強会報告となります。

会に先立って、参加者数名で開成学園の文化祭(開成祭)に行き、開成学園 折り紙研究部の展示を見学してきました。

巨大折り紙実演の様子
巨大折り紙実演の様子

写真は、折り紙研究部による活動報告と巨大折り紙制作の実演の様子です。

 


議論「今後の活動について

 

 最初に今後の勉強会をどう勧めていくか、参加者で議論を行いました。

 以前と同様に、月に一度の開催を目指していきます。

 

会の内容は、こちらでも毎回報告していきますので、ぜひご覧ください。 


企画 「折り紙本読書会」

日本折紙学会の図書館を利用し、折り紙本を皆で読みあい、議論を行いました。

読んだ本

「季刊をる」

「Origami para interpretes(by Roman Diaz)」

「折り紙新世界」

「ビバ!おりがみ」

「ORCA works」

 

「をる」を読む参加者
「をる」を読む参加者

 


報告 「My Origami Designing ~Tile Template~

報告:中村 楓

今年の韓国コンベンションのスペシャルゲストである中村さんが、その際に行った特別講演を勉強会でも報告しました。

 自身の創作方法を「タイルテンプレート」法として紹介する内容でした。

 


次回の勉強会は10月末に行う予定です。詳細が決まり次第告知します。

また、次々回の活動として、「創作競作」を予定しています。

「創作競作」とは同じお題で創作を行い、その創作過程も含めて記録し、報告して、各自の創作法について比較検討する取り組みです。

東京近郊以外にお住いで、勉強会に直接参加できない方でも、データを送ってくだされば参加できます。参加者には後日、他の方の創作過程データを提供します。

・「創作競作」要項

お題「ショベルカー」

複合可。シンプル・コンプレックス等の難易は不問。

記録する創作過程情報の例:試作・試し折りした部品・途中の展開図・失敗作・どういうアイデアで進めたかのメモ、など

参加資格:20代以下の若手創作家。

参加申し込みは後日こちらのブログで告知します。興味のある方はぜひ折って、参加してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です